日本の医薬品特許訴訟における新たな指標

Darts-ipユーザである弁理士田中康子様(エスキューブ株式会社)より、製薬分野で最近注目の特許判決についてご寄稿いただきました。 日本の医薬品特許訴訟における新たな指標: 違法な後発品参入によって引き下げられた原告製品の取引価格下落分が原告の損害額として認められる 平成29年7月27日判決 東京地裁平成27(ワ)22491(darts-116-166-E-ja) 中外製薬 vs 岩城製薬・高田製薬・ポーラファルマ...