Try-Us

Darts-ip ブログ

二段併記商標にかかる「社会通念上の同一性」問題: FC2登録商標「ブロマガ\BlogMaga」取消審決取消事件

二段併記商標にかかる「社会通念上の同一性」問題: FC2登録商標「ブロマガ\BlogMaga」取消審決取消事件

Darts-ipの新しいブログ著者である、慶応義塾大学 言語学助教の五所万実様より、ご寄稿いただきました。今回の記事が初めての投稿となります。 二段併記商標にかかる「社会通念上の同一性」問題: FC2登録商標「ブロマガ\BlogMaga」取消審決取消事件 平成30年12月20日判決 知財高裁 平成30年(行ケ)第10102号 審決取消請求事件(「ブロマガ」事件) (jp-平成30(行ケ)10102 darts-930-404-F-ja) 平成30年12月20日、知財高裁は、FC2(原告)の登録商標「ブロマガ\BlogMaga」に対する取消審判請求において、特許庁における審決(平成30年3月22日 取消2016-300709号事件; jp-T2016-300709_J2 darts-912-283-E-ja-2)を支持し、株式会社ドワンゴ(被告)の請求を認める判決をした。 図1 FC2の登録商標「ブロマガ\BlogMaga」(登録第5621414号) はじめに 不使用取消審判においては、登録商標と厳密に同一でなくても、「社会通念上同一」と認められれば、登録商標の使用とみなされ、取り消しを免れることができる(cf. 「ハイガード」事件;jp-T2013-300258_J2 darts-499-434-D-ja-2)。登録商標と「社会通念上同一と認められる商標」の具体例については、平成30年12月30日改正前の商標法50条1項(商標登録の取消しの審判)において、以下の通り示されている。 登録商標(書体のみに変更を加えた同一の文字からなる商標、平仮名、片仮名及びローマ字の文字の表示を相互に変更するものであつて同一の称呼及び観念を生ずる商標、外観において同視される図形からなる商標その他の当該登録商標と社会通念上同一と認められる商標を含む。以下この条において同じ。) 上記、登録商標の例示部分は、改正後、商標50条からは削除されたが、38条(損害の額の推定等)4項において同様の規定がなされている。 争点

May 3, 2019
イベントレポート-東京

イベント・レポート(東京)

イベント・レポート(東京) 2019年4月11日、東京丸の内にてDarts-ip主催の無料セミナーを開催いたしました。 今回は、Darts-ipをご利用いただいております、中国商標がご専門の弁理士岩井智子先生(三枝国際特許事務所パートナー副所長)を講師にお招きして、最新の中国商標審判決をご紹介いただきながら、日本企業が実務上直面しやすい諸問題について、ご解説をいただきました。 ・同意書(consent)を取るべきか?対価は? ⇒同意書が肯定/否定された判例をDarts-ipで検索する ・できるだけ広い権利化を狙うか?馳名商標化を狙うか? ⇒どこまで広く取れそうか、過去の判例判断をDarts-ip上でグラフ表示できる ⇒馳名商標による侵害訴訟についてDarts-ipで検索する ・異議/無効判断は裁判所によって大きく異なり得る ⇒Darts-ipで裁判所ごとの判断の違いを比較する ・他国での訴訟での主張との一貫性が重要 ⇒Darts-ipで相手方の各国での訴訟を追いかける ・積極記載ができない点にどのように対処すべきか? などなど、判例の紹介のみならず、日本企業向けのかなり細かい実務上のノウハウまでご教授いただきました。 セミナー後半では、Darts-ip商標アナリストの齊藤千尋から、Darts-ipではどのような検索条件で商標判例を検索することができるか、商標特有の検索機能について、最新のグラフィカル・オーバービュー機能の紹介も交えながら、ご紹介させていただきました。 最後に、Darts-ip Japan Country Managerの佐藤健一郎から、特許判例の検索、FTO調査、パートナー企業のご紹介、今年9月に予定しております米国Pacerからのドケットシート情報の収録、などについてご説明させていただきました。 ご参加いただきました皆様、お忙しい中お運びいただきましてありがとうございました。

April 11, 2019
Pharmaceutical Optical Ampoule / Vial Inspection Machine. 3d illustration

医薬品のグローバル訴訟:HIVインテグラーゼ阻害剤(ラルテグラビル)事件

Darts-ipユーザである弁理士田中康子様(エスキューブ株式会社)より、医薬品のグローバル訴訟についてご寄稿いただきました。 医薬品のグローバル訴訟:HIVインテグラーゼ阻害剤(ラルテグラビル)事件   背景: 塩野義(控訴人・原告)は、発明の名称を「抗ウイルス剤」とするHIVインテグラーゼ阻害剤について国際特許出願(PCT/JP2002/208108、WO2003/016275)を行い、日米欧等各国で特許を取得した。そのうち日本特許第5207392号、欧州特許EP1422218号の特許請求の範囲に、ラルテグラビルの構造は含まれるが、発明の詳細な説明に、ラルテグラビルの薬理活性データの記載はなかった。一方、MSD(被控訴人・被告)は、ラルテグラビルカリウムを有効成分とするHIV感染症治療剤アイセントレス®錠を販売していた。   知財高裁判決: 平成30年9月4日判決 知財高裁平成29(行ケ)10172 審決取消訴訟事件(darts-585-838-F-ja) 平成30年9月4日判決 知財高裁平成29(ネ)10105 特許権侵害事件 (darts-585-833-F-ja) 平成30年9月4日、知財高裁は、塩野義製薬のHIVインテグラーゼ阻害剤特許(特許第5207392号)に対する無効審判の審決取消訴訟(原審:平成29年8月8日特許庁審判部 無効2015-800226 (darts-179-713-E-ja))、及びHIVインテグラーゼ阻害薬ラルテグラビル(商品名:アイセントレス®)を販売するMSD(Merck Sharp & Dohme)に対する特許権侵害訴訟の控訴(原審:平成29年12月6日判決 東京地裁平成27(ワ)23087

January 23, 2019
日本の医薬品特許訴訟における新たな指標

日本の医薬品特許訴訟における新たな指標

  Darts-ipユーザである弁理士田中康子様(エスキューブ株式会社)より、製薬分野で最近注目の特許判決についてご寄稿いただきました。 日本の医薬品特許訴訟における新たな指標: 違法な後発品参入によって引き下げられた原告製品の取引価格下落分が原告の損害額として認められる 平成29年7月27日判決 東京地裁平成27(ワ)22491(darts-116-166-E-ja) 中外製薬 vs 岩城製薬・高田製薬・ポーラファルマ 平成29年7月27日、東京地方裁判所は、先発医薬品(先発品)メーカーの特許権を侵害して参入した後発医薬品(後発品)により引き下げられた原告製品の取引価格の下落分は、原告の損害額であるとの中外製薬の訴えを認めた。この判決により日本で初めて、違法な後発品参入によって引き下げられた原告製品の取引価格下落分が原告の損害額として認められたことになる。   背景: 中外製薬(原告)は、皮膚疾患治療剤であるオキサロール®軟膏を販売し、製品を保護する製法特許(特許第3310301号)を有していた。岩城製薬株式会社、高田製薬株式会社、並びに株式会社ポーラファルマ(被告ら)は、オキサロール®軟膏の後発品を上市し、その結果先発品の薬価が下落した。原告はすでに、これら後発品メーカーに対して差止を求める訴訟で勝訴している(平成29年3月24日判決 最高裁第二小法廷平成28(受)1242 darts-815-665-D-ja)。   日本の薬価制度: 日本の医薬品市場は厳しく規制されており、医薬品の取引価格(薬価)は政府、すなわち厚生労働省により設定される。薬価は、常に変動する市場で取引される医薬品価格に基づき、定期的に見直され改定される。後発品の参入により、先発医薬品の薬価はさらに引き下げられる。本件では、特許侵害による違法な後発品の参入により、先発品の薬価は138.00円/g から123.20円/gへ引き下げられていた。  

August 6, 2018