Darts-ipの画像検索技術、ベネルクス知的財産庁へのライセンス提供に合意

Darts-ipの画像検索技術、ベネルクス知的財産庁へのライセンス提供に合意

October 2, 2019 / Blog, General, プレスリリース
1bbbb

ベネルクス知的財産庁とのパートナーシップ

 

2019年10月2日 – Darts-ipは、当社の画像検索技術をベネルクス知的財産庁(Benelux Office for Intellectual Property; BOIP)へライセンス提供することに合意しました。この新しい商標画像認識技術は、BOIPウェブサイト上で利用できるようになるだけでなく、同庁の審査官が使用する業務システムにも統合されます。この新ツールの技術的統合が完了すれば、BOIPユーザー様の商標検索が大幅に改善され、迅速化されます。

 

– Hugues Derème, Deputy Director General – BOIP「本日BOIPは、信頼性と使いやすさが大幅に向上した最先端の商標システムの提供に向けて、大きな一歩を踏み出しました。単語要素や複雑な分類だけを用いて登録商標を検索する時代はもう終わりです。Darts-ipが開発した革新的な技術ソリューションのおかげで、BOIPは人工知能(AI)を活用した新たなシステムを提供できます。誰もが簡単に、画像をアップロードするだけで、ベネルクス3国で有効な登録商標・国際登録商標だけでなくEU登録商標をも対象として、類似商標を検索できるようになるのです。ロゴや図形要素が今日のビジネスの世界でいかに重要であるかは言うまでもないでしょう。これは非常に画期的なブレークスルーです。」– Hugues Derème, Deputy Director General – BOIP

 

Darts-ipの画像検索技術は、すべてを社内で内製した、高度なAIを活用しています。Darts-ipでは、当社独自の判例データベースに収録された何百万ケースにも及ぶ商標事件を分析する過程で、このAI画像認識エンジンを強化しています。このように学習を積んだDarts-ipの画像認識AIは、指定された画像について、全体的な内容およびデザイン、形状や色などの要素、使用されている文字、を解析し、同一または類似の商標を特定します。他の既存のツールとは異なり、Darts-ipの画像検索の根底にあるアルゴリズムは、当社の商標プロフェッショナルからなる判例分析チームと密接に協力して開発されているため、商標専門家の皆様にも十分に満足していただけるものとなっています。Darts-ip AIは、今日も、そしてこれからも、商標の類似性が争点となった事件を何百万ケースと処理することによって、更なる進化を続けています。これからの商標検索は、画像データをアップロードするだけです。あっという間に、類似性の高い商標が、類似の程度の高い順に、表示されます。

このDarts-ip独自の画像検索技術が、BOIPのロバストな商標データベースに統合されることにより、ユーザーの皆様は、ベネルクス3国で有効な登録商標 (ベネルクス登録商標、国際登録、およびEU登録商標) を検索できるようになります。

 

 

– Evrard Van Zuylen, Managing Director and AI Lead – Darts-ip「知的財産の世界で常に革新的かつ先進性なアプローチをとられているBOIPとプロジェクトをご一緒できて大変嬉しく思います。弊社の画像認識技術をこのような形のライセンス契約で外部提供するのは今回が初めての試みであり、知的財産の世界においてAIリーガルテック活用が今後ますます重要になってくることを示していると思います。欧州生まれのDarts-ipは、現在ではグローバルにビジネスを展開しております。弊社の最新リーガルテックを世界各国の、より多くの知財専門家に皆様にご利用いただけますと嬉しく思います。」– Evrard Van Zuylen, Managing Director and AI Lead – Darts-ip

 

 

ユーザー様がBOIPのウェブサイト上でこのDarts-ip画像検索機能を実際にお使いいただけるのは、2019年11月に予定しておりますシステム統合が完了してからとなります。正式リリースの準備が整いましたら改めてお知らせいたします。

 

2bbbb 3bbbb 4bbbb
bbbb

知財に情熱をお持ちですか?

ブログでの寄稿をご希望の方はお気軽にご連絡ください: