Try-Us

Category : Featured Author

tablets medicine, pills

The Era of Generics: Kowa Targets Single Generics Producer

守りから攻めへ “ジェネリック80%時代の後発品対策”: 興和が特定の一社を狙い撃ち (English Version can be found below) 守りから攻めへ “ジェネリック80%時代の後発品対策”:興和が特定の一社を狙い撃ち 平成30年4月4日判決 知財高裁平成29(ネ)10091(興和対東和薬品) 平成30年4月4日、知財高裁は、興和のブロックバスターリバロ®(ピタバスタチン)の東和に対する差止請求訴訟において、原審(平成29年9月29日判決 東京地裁平成27(ワ)30872)の判断を支持し興和の請求を認める判決をした(darts-939-003-E-ja)。 リバロに関して、興和は、原薬メーカーで特許権者である日産化学による特許侵害訴訟で10社以上のジェネリックメーカーを訴えた過去(表1参照)がある。この時はすべてのケースでジェネリックメーカーが勝訴していた。 しかし今回のケースでは、興和はピタバスタチンの錠剤及びOD錠を含む後発品を販売する20社以上のメーカーのうち東和だけを狙い撃ちした格好だ。 背景: 興和(原告)は、高コレステロール血症治療剤であるリバロ®錠及びOD錠を販売し、これを保護する製剤特許(特許第5190159号、出願日:平成24年8月8日)を有している。東和を含む多くのジェネリックメーカーがリバロ®の後発品を上市した。平成27年10月30日、興和は、東和(被告)に対し、差止請求を求め東京地裁に特許侵害訴訟を提起した(darts-173-445-D-en)。東京地裁で原告勝訴の判決が出された後、被告は知財高裁に控訴していた。 本件発明:

October 2, 2018